簡単に利用出来る

野菜

最近、人気のふるさと納税は、自治体に寄附金を送ることで様々な特産品を貰うことが出来ます。肉や魚、野菜などの食材を始め、ギフト券や旅行券などの金券もあるのです。寄附することでお礼が貰えるので、両方が嬉しい気持ちになれます。

詳細へ

新しい自治体の取り組み

風景

地方自治体の取り組みの1つであるふるさと納税は、自分で好きな自治体を選び納税することが出来る仕組みになっています。納税した際には御礼として、自治体が推奨する地域の特産品を貰うことが出来るお得な納税なのです。

詳細へ

一通りの流れを知る

食材

ふるさと納税は自治体の窓口でなくても、ネット上にサイトから全ての作業を行なうことが出来ます。自治体を選び申し込みが完了すれば御礼が届くのを待つだけなので、自宅に居ながらパソコン1つで作業を済ませられます。

詳細へ

確定申告を行っておく

果物

ふるさと納税といえば、お礼に貰える商品のラインナップが豊富であるため、好みに合っているものを選べるというメリットを持っています。しかし、このような点に限らず納付した税金の一部が還付されるという事も利用する利点としても挙げられるでしょう。返戻される金額は決まっており、寄付した金額から2000円を差し引いた分となっています。そのため、実質のふるさと納税による自己負担は2000円だけなのです。50000円という大金を寄付した場合でも48000円が戻るということなので、負担の少なさに驚く人も少なく無いでしょう。2000円の負担だけでも豪華なお礼の品が貰えるということで、利用しないと損な制度であると言えます。また、差引額の2000円は寄付する額が変わっても据え置きとなっています。そのため、寄付額が高い程戻ってくる額も高くなります。

ふるさと納税の還付を受けるためには、先ず、確定申告を行っておく必要があります。確定申告には期間が設けられているので、締め切りが過ぎてしまう前に早めに申し込んでおくことが肝心です。過ぎてしまうと還付が受けられなくなってしまうので、気を付けておきたい所と言えるでしょう。また、ふるさと納税を行った際には、その自治体から寄付を行った時の証明書を送付してもらうことがあります。これらの書類は確定申告を行うためには欠かせないものであると言えます。確定申告の日に提出が出来るように無くさないよう保管を行っておくことが大切です。そのため、ふるさと納税の制度によるメリットを有効的に活用できるよう、事前に準備を進めておくことが大切です。なお、簡単な方法となっているので、初めての人であっても安心と言えるでしょう。